HOUSE FilMelange 8周年の宴

 

花のつぼみもほころび、春を感じられる季節となりましたが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

このYomimonoをご覧頂いている皆さまであれば

「おっ、この時期かぁ」

と勘付いているかとおもいますが…そうです

 

ハウス・フィルメランジェはおかげさまで

8周年を迎えることとなりました。

 

 

 

 

 

なんだかちょっと危なそうな通りの名前として異彩を放つ

「キラー通り」を見渡すこの場所から

僕らはみなさまの心を射抜く(キラーと捉えて下さい)

モノ作りを8年という歳月を経て発信してきました。

 

8(八)という数字には古より、末広がり・無限・永遠を

連想させる数字として大切にされてきたと言います。

 

フィルメランジェもこの先長きに渡り、生活に寄り添い

自然の摂理に逆らわない日本の素晴らしきモノ作りを継続し、

着る喜びをみなさまにお伝えしていきたいと思います。

 

つきましては、8周年の特別な催しとしてベルリンの小さなギャラリーで誕生した

≪trippen≫との協業商品のお披露目をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

≪trippen≫ は、靴職人のマイスター(特別技術資格者)で、

医療用矯正靴などの製作にも携わっていたミヒャエル・エラーと

それまでも靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュピーツの

2人によって1992年ベルリンの小さなギャラリーで誕生しました。

 

 

 

 

≪trippen≫ の人間工学に基づいた履き心地の良さの追求や

一つ一つ手作業で丁寧に作られる愛ある生産背景・ブランド理念に深く感銘を受け、

≪trippen≫社にご協力頂き、素敵な協業を実現することが出来ました。

 

 

 

 

今回の協業商品はtrippenから2018年春夏に発表された

HALF-YENをベースに世界でも初となるスエード素材を採用した

スペシャルな1足に仕上がりました。

 

スエード素材はお手入れが非常に簡単で

雨(水)に強い素材ということをご存知でしょうか?

 

スエード専用のブラシでブラッシングした後に

専用の防水スプレーをかけるだけで

 

 

 

 

 

あら、不思議。

 

 

 

 

 

こんなにも水を弾きます。

お手入れが簡単で多少の雨、汚れも物ともしない

スエードレザーは優秀な素材なのです。

 

 

 

 

 

SOLEには重厚感が特徴の≪Trippen SOLE≫を採用しています。

≪Trippen SOLE≫を採用することでサンダルという概念ではなく、

より革靴に近い見た目と履き心地を実現することが出来ました。

 

甲周りは革靴のようなフィット感と

クロッグ型ならではの抜け感の

バランスが抜群の履き心地を与えてくれます。

 

見た目の重厚感とは裏腹に非常に返りが良く、

長時間の歩行のサポートもしてくれます。

 

 

 

 

 

この愛くるしいコロンとしたフォルムは様々なスタイリングや

オケージョンで活躍してくれること間違いなしです。

 

脱ぎ履きも容易でこれからの時期のお花見などにも大活躍です。

 

春夏はもちろんですが、別売りでムートンのインソールもございますので

秋冬まで通年ご着用頂けるのも嬉しいポイントです。

※ムートンインソールはtrippen直営店にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

春のにおいがしてきた今日この頃、

是非、この軽快なtrippen×FilMelangeを履いて

BGMには小沢健二の《痛快ウキウキ通り》を聞いて

素敵な春をお楽しみ下さい!

 

 


 

 

HOUSE FilMelange 8周年の宴

 

<日時>

2019年3月8日(金)-3月10日(日)  11時 – 20時(金曜日のみ12時-20時)

<場所>

ハウスフィルメランジェ 神宮前店 〒150-0001東京都渋谷区神宮前2-6-6 秀和外苑レジデンス1階南東角

<電話>

03-6447-1107

 

 

Online store  trippen×FilMelange